ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カフカは泣いただろうか | main | 30人の寝息と、眠っていない3人の携帯の明かり >>
2015.05.11 Monday

ホワイトアウトはださい

かわうその うそをうそと思わずに 地下鉄の線路を歩いてる
まどろむ時間に、彼のいるまちを通り抜けるのがすき
あなたは そこで 眠ってる
光の箱 遠くのお星様を殺してしまった
シャッターの閉じる音を聞いていた
優しくできずごめんね、というのは
優しくするつもりなどない、ということで、鉄球が覆う空を考えていた、
気持ち悪いのは彼だけでなく、私もだろう
きっといつしか憎まれるんだと思ってる
真っ白い部屋で眠ってそれから、そのまま

2017.11.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR