ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カフカは泣いただろうか | main | 30人の寝息と、眠っていない3人の携帯の明かり >>
2017.04.16 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.05.11 Monday

ホワイトアウトはださい

かわうその うそをうそと思わずに 地下鉄の線路を歩いてる
まどろむ時間に、彼のいるまちを通り抜けるのがすき
あなたは そこで 眠ってる
光の箱 遠くのお星様を殺してしまった
シャッターの閉じる音を聞いていた
優しくできずごめんね、というのは
優しくするつもりなどない、ということで、鉄球が覆う空を考えていた、
気持ち悪いのは彼だけでなく、私もだろう
きっといつしか憎まれるんだと思ってる
真っ白い部屋で眠ってそれから、そのまま

2017.04.16 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR